暗号通貨投資のリスク

暗号通貨取引は、特に2017年の後で、ゴールドラッシュと同じように見なされました。つまり、大部分の暗号通貨市場が非常に不安定であり、急激な価格変動の影響を受けます。投資家の立場からすれば、それは非常にやっかいなことです。そのため、暗号通貨取引はな ‘バーチャル株式’の取引として見ることができます。

暗号通貨投資のリスク

暗号通貨のエコシステムと価格変動は主に投資家の市場情況によって左右され、各国の政府および他の金融規制の影響を受けます。暗号通貨の分散化と匿名の性質は最高級の暗号によって保護されています。しかし、その潜在的な欠点、は匿名性も含めています。

つまり、コーディングは特定の通貨が識別できますが、所有者が識別できません。この機能により、失われたコインの不可逆性をもたらします。つまり、コインが失われると、永遠に失われます。以下は暗号通貨取引のリスクを悪化させるいくつかの原因です。

同じすることがあります

暗号通貨は機能的な取引通貨の役割を果たすため、それを商品として見ることもできます。しかし、それはそれぞれの新しい暗号通貨プロジェクトが長期的な利益と成功を与えるかどうかの保証がありません。今まで何度も極めて熱狂したドットコムバブルと同様に、それらのテクノロジーの中にいくつかは失敗します。

暗号通貨は新しいプロジェクトのソフトウェアストックを取引するものなので、投資家が特定の業界にブロックチェーンの実装が必要かどうか尋ねるべきです。答えが『いいえ』の場合は、このようなプロジェクトに投資しないことをお勧めします。IBM、CME Group、 J.P. Morganは、近い将来、ブロックチェーン技術を実行するために活動している金融業界の企業の例です。

技術が失敗

「技術的に分かりやすい」といことが必要です

暗号通貨システムには、適切に実行するためのコーディングに関する技術的な知識
やその他の関連技術的なノウハウが必要です。それで、適切に取引を理解するために、コンピュータ技術に関してある程度の知識が必要です。

ブローカーとテクノロジーのリスク

暗号通貨はまだ未知の変数がたくさんある新テクノロジーであるため、それはブローカーやソフトウェアシステムにとってリスクをもたらします。トレーダーコインを証券取引所やブローカーの口座に長期間保管せずに、できるだけ早くウォレットアプリケーションに移動することをお勧めします。その他のリスクには:

予想外のボラティリティ

暗号通貨の価値には大きな変動とボラティリティがあるということが知られています。そして、交換は大きな役割を果たしています。

ボラティリティ

セキュリティ違反

セキュリティ違反は金融システムにとって大きな脅威であり、暗号通貨も例外ではありません。プライベートな暗号通貨アドレスを保護するための適切な措置を講じていないトレーダーは、セキュリティ違反や盗難の危険に晒されています。先に述べたように、暗号通貨は不可逆的であり、いったんデジタル情報が失われると、その金額も失われます。

犯罪のための使用

暗号通貨エコシステムの分散化な性質のため、2017年だけに多くのマネーロンダリング、フィッシング詐欺、その他の怪しい財務活動が報告されています。また、個人は秘密の商品やサービスの支払いを受け入れ、「ディープ・ウェブ」を使用して違法行為に資金を供給するために暗号通貨を利用します。もし必要なセキュリティ手段が確立されていない場合、暗号通貨エコシステムに問題を引き起こす可能性があります。